Wix(ウィックス)はビジネス向きではない。メリット・デメリットなど

こんにちは、タクゾウです。
最近Wix(ウィックス)ってどう?って質問されることが多々あるので、
今回はWixを使用するメリット・デメリット、ビジネスで使えるかどうかをまとめました。

Wix(ウィックス)とは

Wixは、2006年にイスラエルで設立された企業によるクラウド型CMSのサービスであり、
専門知識なしで、ドラッグ&ドロップ操作のみでホームページを作成できるツールです。
世界で1億人以上が使用しており、2012年12月に日本版がリリースされたことで、
日本での利用者も増えています。

Wixで作成したサイトのDEMO

実際にWixに登録して「ヴィンテージカー専門店」のデザインテンプレートからWebページを作成しました。
スマートフォン対応のサイトをたった1分で公開できちゃいます。
これ本当にすごいです。

DEMO

参考 Wixデモサイト

Wix公式サイト

参考 ホームページ作成 | 無料ホームページの作り方 | WIX

Wixを使う上でのメリット

豊富なテンプレートの中からデザインを選べる

Wixでか用途ごとに別れたデザインテンプレートが多く用意されているので、
テンプレートを選び、中のテキストや、画像を変更するだけで簡単にWebページを作成することができます。

専門知識がいらない

基本的に専門知識がなくてもドラッグ&ドロップ操作でWebページを作成できます。
また、操作画面もとてもわかりやすいため、
簡単なWebページを公開するのが目的なら、
比較的学習コストも少なくてすみそうです。

いろいろな機能が簡単に組み込める

Wixには、Webでよく使用する機能が複数用意されており、編集画面から使用したい機能をクリックするだけで簡単に機能を追加することができます。

Wixを使う上でのデメリット

webページの表示速度が遅い。

テンプレートで作成したサイトは基本読み込みが4秒以上かかっていました。
画像の最適化や動画の埋め込みを無しにして、シンプルなコンテンツにすれば改善できそう。
ただ、WiX公式のコメントでは「サイトの表示が遅いことについて認識しており、改善に全力を注いでいる」
とのことなので、そのうち改善されそうです。

Wixにある機能でしかデザインができない。

基本はwixにもともとある機能の組み合わせでwebページを作成するので、
パーツごとのデザインを変更したい場合や、このアニメーションを実装してほしいなどの要望は対応が難しいです。

スマホ版サイトに弱い

web制作をする上でPCでは表示するけど、スマートフォンでは表示させたく無いなどの場面が多々ありますが
Wixではそれができません。

ビジネスで使用する場合は有料にする必要がある。

無料版の場合、独自ドメインがもてないのと、Wixの広告が常に表示されてしまうので有料版にアップグレードする必要があります。
独自ドメインがないとSEO的にマイナスになります。

Wixはビジネス向きではない!

Wixを触ってみて、確かに便利ですがビジネスでは使用できないと思います。

独自ルールなので、使えるようになっても、他に応用が利かない

Wixの独自のルールで作られているため他に応用がききません、将来的にWix以外に変更したいとなった場合に、また0から勉強する必要があります。

Wixがサービスをやめたら、ホームページもなくなる。

Wixのサービスが将来的に潰れた場合、今まで作成したWebページ、資産がすべてなくなります。
また、Wixではバックアップの機能をもっていません。

複数の端末で正しく表示がされるわけではない。

自分の端末ではただしく表示ができていても、別の端末・ブラウザで見た場合には崩れたりすることがあります。
シェア率的に対応環境に含まれる範囲すべてで正しく表示させるのがWixでは難しいと思われます。

できることが限られる

Webページ作って公開した後は、こういった機能が欲しい・デザインをもっとこだわりたい・マーケティング的に要素を変更したいなど、色々な要望が出てくるのが普通です。
しかしWixで作ってる限りは、デザイン・機能・コンテンツは、Wixに依存するため、変更がそもそもできない、できたとしてもかなり時間がかかってしまいます。

まとめ

結論、仕事で使うことはまず無いと思いますが、
Wix自体はとてもいいサービスで、デメリットなどをも改善しているようです。

個人や・お金の無い企業で、一時的にWebページを公開したいなどの目的ではとても使えるサービスだと思います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA