JavaScript 制御文について

こんにんちはタクゾウです。

制御文について

if文について

JavaScript
// if文
	var str = '1';
	if(str == 1){
		console.log('1です。');
	}else if(str = '2'){
		console.log('2です。');
	}else{
		console.log('それ以外です。');
	}

switch文

else ifが多い場合はswitch文を使うと見やすくなります。
brakをつけないと次の処理にはいってしまうので必ずつけるようにしましょう

JavaScript
switch(str){
		case 1:
			console.log('1です。');
			break;
		case 2:
			console.log('2です。');
			break;
		default:
			console.log('それ以外です。');
			break;
	}

do while文

JavaScript
//1から9まで実行する
	var num = 1;
	while(num < 10){
		console.log(num);
		num++;
	}

	//差書に処理をしてから判定をする
	num = 1;
	do{
		console.log(num);
		num++;
	}while(num < 10);
MEMO
注意、無限ループにならないように気をつけましょう!

for文

JavaScript
for(var i = 1; i< 10; i++){
	console.log('テスト01');
}

for in

配列を一つずつを取得できる。

JavaScript

var arr = ['html', 'css', 'js', 'php'];
for(var key in arr){
	console.log(key);//変数名はなんでもいい
}

連想配列の場合

JavaScript
var arr = { test01:'html', test02:'css', test03:'js', test04:'php'};
for(var key in arr){
	console.log(key,arr[key]);//変数名はなんでもいい
}

オブジェクトの場合

オブジェクトと連想配列はやってることは同じ

JavaScript

var obj = new Object();//おなじ意味
var obj = {};//おなじ意味

obj.test01 = 'html';
obj.test02 = 'css';
obj.test03 = 'js';
obj.test04 = 'php';

for(var key in obj){
	console.log(key,arr[key]);//変数名はなんでもいい
}

breakを使った制御

brakを使った位置で調整的にループを抜けさせる。

JavaScript
for(var i = 1; i< 10; i++){
	if(i == 3){
		console.log();
		break;//矯正的にループを抜ける
	}
}

continueを使った処理

その時の処理をスキップさせる

JavaScript
for(var i = 1; i< 10; i++){
	if(i == 3){
		continue;
	}
}

オブジェクトとnew演算子

jsで扱うものすべてオブジェクトかオブジェクトのように使えるオブジェクトはプロパティとメソッドがあるプロパティは値を保存しとく変数と同じで、オブジェクトの上智亜や個性を表すために使わあれつ。

JavaScript
var human = {}
human.name = 'takuzou'//プロパティ
human.age = '23'//プロパティ
human.sex = '男'//プロパティ
human.sayInfo = funcion(){//メソッド
	return '私は' + human.name + 'で年齢は' + human.age + 'で性別は' + human.sex + 'です';
}
console.log(human.sayInfo());


//こうやっても同じ
var human = {
	name: 'takuzou'//プロパティ
	age: '23'//プロパティ
	sex: '男'//プロパティ
	sayInfo: funcion(){//メソッド
		return '私は' + human.name + 'で年齢は' + human.age + 'で性別は' + human.sex + 'です';
	}
};
console.log(human.sayInfo());
MEMO
実際はオブジェクトを指定する時はこの書き方が多い。上より下のほうがまとまって見えるので下を使いましょう

new演算子

JavaScript
var obj1 = new Object();//jsでもとから準備されているobjyectをよびだす
var obj2 = {};//基本的にこっちで書くことが多い

// newを付けなかった場合
var human = function(){
	this.name = 'takuzou';
	this.say = function(){
		return this.name;
	}
	return "aaa";
}
var obj1 = new human();//newをつけて
var obj2 = human();//human関数を走らせてもreturnの値がないため、obj2は宣言されてない
//関数を走らせた結果を代入指定処理

console.log(obj1.say());//returnがなくてもインスタンスにしてくれる
console.log(obj2.say());//newがないのでただ関数を実行しただけ。
//オブジェクトの中のメソッドが宣言されていないため、say()がみつからない

console.log(obj1);
console.log(obj2);
//オブジェクトの中のメソッドが宣言されていないため、say()がみつからない
//インスタンス設計図から実際に物をつくった状態。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Translate »