JavaScript基礎 言語仕様

こんにちは、タクゾウです。
今回はjsのプログラムがどういった仕組みで動いているのかを見ていきたいとお見ます。

プログラムの処理を解決する事で、エラー時に自分で解決する能力をつける事ができ業務でも
応用がきくようになります。

普段なんとなく使っていてる処理も多いので自分の勉強を兼ねてまとめようと思います。

javascriptの言語仕様

jsの言語を理解することで
どういった仕組みでプログラムが動いているのがを見ていきたいと思います。

JavaScript
var str= "文字列";//ダブルクォーテーションで記述すると文字が入力される
	str= '文字列';//シングルクォーテーションで記述すると文字が入力される
	num= 123;//シングルクォーテーションで記述すると文字が入力される
	num= "123";//シングルクォーテーションで記述すると文字が入力される
	str = null;//ヌル
	str = "";//空文字
	str = undefined;//jsで自動で入る

処理の基本的な確認方法

console.log(確認する値);で開発ツールに結果を表示することができるのでそこで確認しましょう。

JavaScript
var str;
	console.log(str);//undefinde;

コメントの付け方

基本的にどのプログラミング言語でもコメントを付ける事がで、コメントの付け方は一行と複数行をコメントにする方法の2通りあるのがほとんどです。

JavaScript
//一行をコメントアウトする場合
	//var str;

	//複数行ををコメントアウトする場合
	/*
	console.log(str);
	console.log(str);
	*/

大文字、小文字の区別について

大文字と小文字の変数は区別されるため、変数名は意識して付けましょう。

JavaScript
var Sample = "テスト01";
	var sample = "テスト02";

	console.log(Sample);//テスト01
	console.log(sample);//テスト02

空白と改行について

それぞれのセンテンス内の空白や開業は無視されます。

単語やリテラルの途中の改行や空白はエラーになるので注意。

JavaScript
var str =        "テスト01";//それぞれのセンテンス内の空白や開業は無視されます。
	var s tr = "テスト02";//単語やリテラルの途中に開業や空白はエラーになります。

セミコロンの扱い方について

基本的に宣言をした最後はセミコロンを付けましょう。
セミコロンがついていなくてもjsが飼ってに判断してくれますが、エラーの元になるので必ず付けるようにしましょう。

JavaScript
var str = "テスト01";//センテンスの終わりにはセミコロンを必ず付けましょう
	var str = "テスト02"//セミコロンがついていなくてもjsが勝手に判断してくれますが、必ず付けるようにしましょう。」

変数宣言について

行が増えると変数のバグがでるので、varを付けましょう

JavaScript
	val= "global"

	function getVal(){
		val = "local";
		retun val;
	}

	console.log(getVal());//local
	console.log(val);//global

変数や関数の命令規則について

半角英数字、半角のアンダースコア、半角のドルマークが使える

JavaScript
var $test_var333 = "テスト";

	function $sample_var999(){
		reruen "全部使った関数名";
	}
	var var = "テスト01"//varは変数宣言するための使う予約語なので使用できない
	var null = "テスト02"//nullもプログラミングで特別な意味をもつ予約後なので使用できない。
	var 333test = "テスト03"//数値はじまりの変数は使用できない

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Translate »